芸術学科

業界が求める力に
対応できるパフォーマーに

芸術学科では、エンターテイナーとして必要な要素である、
演技・音楽・ダンスを総合的に学ぶことができる一方、
クリエイターとして時代のニーズに合わせたテクニックを学んでいきます。
DTM(デスクトップミュージック)や最新のデジタルミュージックの技術を身につけ、
作曲家はもちろん、シンガーソングライターやYouTuberなども目指せます。

学科の特徴

  • マルチプレーヤーに対応した
    カリキュラミング

    芸術学科では、エンターテイナーとして必要な要素を全て学ぶために、本校のカリキュラムを自由に選択し(他コースの必修授業以外)、自分に合った履修を行うことが可能です。
    得意な分野のスキルアップ、苦手な分野の克服など、用途に合わせて計画を立て、最も効率の良いカリキュラムを組むことができます。


  • 最新のデジタルミュージックを

    最新のパソコンやソフトウェアを使ったDTMから、業界セミナー、最先端の音楽クリエイター集団「SUPA LOVE」とのコラボレーションなど、時代に沿ったカリキュラムを展開しています。


  • セルフプロデュース力

    業界が求める力を持った人物を育成するために、第一線の企業のプロフェッショナルとともに実践授業を行います。
    自分で自分を売り込むためにデモテープを制作するなど、メディアに認知させる方法を考え、セルフプロデュース力を養います。業界などの話も交えながら、今のトレンドであるインターネット配信技術などを、実践的に学んでいきます。

コース一覧

資料請求 体験授業 NEWS LINE相談