日本芸術専門学校の教育活動と運営状況

学校の概要、目標及び計画

校長 武田 光弘
所在地 東京都大田区山王2-12-13
連絡先 電話 03-3771-2111
FAX 03-3771-2119
MAIL nichigei@athena.ocn.ne.jp
学校の沿革 昭和33年6月 日本俳優芸術学園 設立
昭和53年7月 学校法人 日本芸術学園 創立
日本芸術専門学校 設立(大田区)
平成13年4月 日本芸術専門学校を日本芸術高等学園に名称変更
芸術専門課程を廃止
平成17年4月 日本芸術高等学園の国分寺市移転に伴い、日本芸術専門学校に名称変更
芸術専門課程 演劇学科、声優学科を設置
平成28年4月13日 芸術専門課程 声優学科を芸術学科に変更
学校の教育理念・目的・育成人材像 学校教育法に基づき、エンターテイメントの世界で活躍できる質の高い即戦力の人材育成を主眼に、芸術表現創造を通して人間理解を深めるための総合開発を目的とする。

キャリア教育・実践的職業教育

キャリア教育 業界関連の企業の協力のもと、卒業制作等を実施
就職支援 新卒応援ハローワークと連携し、就職セミナーを実施
TPTAの実施(芸術芸能分野160社のご参加により、学生の能力を評価していただく)
EEテストの実施(芸術芸能分野150社のご参加により、学生の能力を評価していただく)

様々な教育活動、教育環境

学校行事 4月 新入生ガイダンス、入学式、履修登録期間
5月 通常授業、セミナー合宿、新入生歓迎会
6月 通常授業、学園祭
7月 通常授業、スタジオ実習
8月 夏季休暇、震災復興支援公演
9月 舞台制作発表
10月 通常授業、スタジオ実習、海外研修
11月 舞台制作発表
12月 舞台制作発表、冬季休暇
1月 冬季休暇、舞台制作発表、TPTA
2月 卒業・進級準備
3月 感謝祭、卒業式、春季休暇
課外活動 フラダンス部、舞台芸術部、音響部、コント部などがある。
学友会の活動 在学生によって学生自治組織の学友会を設立、学生の学校生活が円滑に進むよう折衝したり、友好を深める行事を企画運営したりしている。

学生の生活支援

担任制の導入 本校は担任制を敷いており、担任が日々の生活の中で学生と積極的にコミュニケーションをとり、問題を抱えている場合は早急に面談。また保護者と連絡を密にして解決をはかっている。 また卒業生を学生アドバイザーとして常駐させ、相談しやすい環境を作っている。
中退生への取組 昨年度の中退生数は演劇学科2名、声優学科1名。理由は経済的困窮と進路変更であった。本校は担任制を敷いており、担任が日々の生活の中で学生と積極的にコミュニケーションをとり、問題を抱えている場合は早急に面談。また保護者と連絡を密にして解決をはかっている。 また卒業生を学生アドバイザーとして常駐させ、相談しやすい環境を作っている。

学生の納付金、修学支援

学生納付金 入学金 300,000円(入学手続き時のみ)
教育設備拡充協力金 400,000円(入学手続き時のみ)
那須合宿所設備協力金 20,000円(初年度のみ)
授業料 600,000円(年額)
後援会費 18,000円(年額)
修学支援 修学支援として以下の制度が使用できます。
・日本学生支援機構
・日本政策金融公庫
・中央労働金庫
・銀行教育ローン
・新聞奨学生

学校の財務

学校評価