日本芸術専門学校とは

エンターテインメントの夢を実現するために
日本芸術専門学校は存在する

本学は、俳優・タレント・歌手・声優・ダンサー・ミュージシャンなど、
エンターテインメント業界での活躍を目指す学生たちが集まる専門学校です。
業界の第一線で活躍する講師陣と、専門的なカリキュラムによって、
スキルアップと表現力の向上を図ります。
卒業後には、文部科学省が認める「専門士」の称号が付与されます(短大卒業と同等の資格)。
また、希望する生徒は「准教員免許」も取得でき、指導者への道も開かれています。

4つの特徴

夢を叶える独自カリキュラム

本校では、長年のパフォーマー育成を通して培った経験をもとに、独自のカリキュラムを採用しています。実践的なレッスン内容によりエンターテイメント業界への最短の道を目指します。

現場を通して学ぶプログラム

企画・制作・運営から、ステージパフォーマンスまでのすべてを、プロと一緒になって行います。パフォーマーもスタッフも、それぞれ単独で学んでいるだけでは実感しにくいエンターテインメント業界の仕組み、仕事の流れを、体験を通じて学ぶことができます。また、明確に役割分担することで、プロとしての自覚、責任感を身につけることができます。

きめ細かな丁寧な指導

学生ひとりひとりの可能性を最大限に引き出すために、担任制を採用しています。またパーソナル・カウンセリングを実施して、レッスンにフィードバックしています。

芸能活動をバックアップ

エンターテインメント業界とのコネクションを活かし、オーディションや求人情報を、生徒に随時提供しています。 また、本校では、マスコミ関連への出演を実習単位として認定し、在学中から、プロの現場に立つことをサポートします。

理事長からのメッセージ

一人ひとりに宝物を。

人は誰でも、特別な存在です。
もちろん、あなたもその一人です。
演じる、踊る、歌う、語る、楽器を奏でる。
日本芸術専門学校は、そんな表現者になるための「全て」を皆さんに贈ります。
情熱あふれる指導と、
本物のエンターテインメントに触れる機会を多数用意し、 一人ひとりの中に「宝物」を呼び覚まします。

「何をしたらいいか分からない」
「やりたいことはあるけど、自分に出来るだろうか」

そう思っていても大丈夫です。
本校の特色である、「一人ひとりに行き届く、あたたかい教育」で、みなさんの心に火をともします。
それが、いつか必ず自分の「宝物」になるはずです。
日本芸術専門学校で学び、誰にも負けない特別な人材となって持って巣立って欲しい。
みんながあなたを見て、心を動かし、元気になる。
そんな素敵な人材になれるよう、日本芸術専門学校で自分を育てて下さい。

さあ、あなたが輝く未来へ。
ここから一緒にスタートしましょう。

学校法人 日本芸術学園 理事長
日本芸術専門学校 校長
武田光弘