演劇学科

個性溢れる、
オンリーワンのパフォーマーに

演劇学科では、舞台や映像、ミュージカルの現場で活躍できるパフォーマーの育成を目指します。発声滑舌や台本読解などの基礎から学び、実技と座学を通して本格的な演技力・表現力を身につけていきます。

学科の特徴

  • 現場で対応できる
    実践的なカリキュラム

    実際の舞台に立ち、声の大きさや表現方法を学ぶ、カメラの前でワンシーンを演じ、映像をチェックしていく、プロと同様の舞台に立ち歌やダンス、芝居と総合的にパフォーマンスするなど、現場で通用する実践的な力を身につけることができるカリキュラムが整っています。


  • 幅広いジャンルを学べる授業選択

    多様なスキルが求められる芸能界では、演技力に加え、舞踊力や歌唱力も必要となります。選択科目にはダンスやヴォーカル、アフレコの授業もあり、自分に合ったスキルを磨くためのカスタマイズが可能です。


  • 総合舞台制作カリキュラム

    履修科目の講師とともに、公演に向けて一つの舞台を創り上げます。年間を通じて学んできた技術、伸ばしてきた個性を生かし、仲間と協力して作品を完成させます。

コース一覧

資料請求 体験授業 NEWS LINE相談